03 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 05

HaruP Works

シンセサイザーやボーカロイドで制作したオリジナル音楽をこっそり紹介

 

死の起源(その2) 

いくつか、その1のまま停止しているトピックスがありますが、順次続きを書きたいと思っています。

さて、今回は「死の起源」についての考察その2です。

●生物は死を自らにプログラムした

生物は進化の過程で「死」を自らにプログラムした存在であることが、最近の分子生物学の研究成果で次第に明らかになってきました。

死は生きるものにとって消滅であるのに、生を自ら否定する仕組みを、何故生物は取り入れてしまったのでしょうか?

その矛盾たる存在感に不可思議さを感じます。


●樹木の生は死が支えている

さて、分子生物学については、かなり複雑な領域に入ってしまうので後述に譲るとして、まずは身近なものから生と死についてトピックスをあげたいと思います。

樹木、特に青々と茂った巨木を見上げると、なんて生命力に満ち溢れていると感じられることでしょう。

当然、その樹木は生きてるからこそ、大地に根をはって立ち、そして葉を茂らせているのです。

ところが、その樹木は実は生と死が合体した状態であるということをご存知でしょうか?

木は年輪を重ねるほど大きくなっていきます。
年を経て年輪を重ねるほど、幹は太くなり長い年月をかけて巨木となります。
対して年を経て、幹の中心部は細胞が生命活動を停止、つまり死んだ状態となっていたのです。

理由としては、高く大きくなるほど水や栄養を全体に行き渡らせることが出来なくなるため、幹の中心部が生命活動を停止することで、全体への生命維持と成長への効率化が図れることが理由のようです。

そして、良くできているなぁという仕組みが、細胞が死ぬことで害虫等に喰われてしまう危険度が高まることに対抗するため、生命活動を停止する前に、細胞内の栄養分を防腐の働きのある化学物質に合成してから生命活動を終えているのです。

ちなみに、この樹木の幹の中心部のことが「心材」と呼ばれる赤い部分で、腐りにくくシロアリにも強い部分と知られています。

1本の樹木は、生命活動の停止=死が生を支えていた。
まさに生と死が不可分の状態であったのです。

自らに死を巧妙にプログラムした生物の戦略の巧みさに驚くばかりです。

続きは、分子生物学の世界から見た生物の戦略について書き綴ってみたいと思います。

夜桜とミク:夜桜には生と死が混在一体となった妖しさを感じます<MMDで制作>

YoZakura Miku Up edi


(参考リンク)
●死の起源(その1)
●前世は有るのか無いのか(その1)
●有限の時間と無限の時空

Category: 科学

Thread: 心、意識、魂、生命、人間の可能性

Janre: 心と身体

tb 0 : cm 0   

死の起源(その1) 

忙しく過ごしていても、私の妄想癖だけは止まらないようで、どうしても書き留めておきたいと思い短編にて。

●人の一生は長いようで短い

仕事でよく使うエクセルの表の番号を編集するためドラッグしていた時、セルの84番目でふと思いだした数字が、私を大変可愛がってくれた曾祖母の享年である84でした。

その曾祖母の想い出は、自分が年を経るにつれて懐かしさと後悔の念が入り混じって想起され、いつかまた触れたい話題ですが、ここではその年齢で連想されたことを書きます。

エクセルをよく使う方なら分かると思いますが、扱うセル数は数百~数千はすぐにいきますので、84のセル数は縦列であれば、PCの表示画面の解像度にもよりますが、1画面から2画面目くらいで収まってしまう程度の数です。

人間の寿命で84歳というのは長いようですが、エクセルで一つのセルを1年と見なせば、1画面をちょっと過ぎたあたりで終わってしまう程度なんだなぁと、ふと儚い気持ちになってしまいました。


●死はなぜ存在するのか?

寿命には生物の種類によって長短はありますが、命の終わりを告げる死は必ず訪れるこの世の理のように感じます。

ところが生物の詳しい方なら知っているかもしれませんが、生物にとって死は進化の過程で獲得した性質でもあるのです。

単細胞生物である大腸菌は分裂することで固体が増えますが、固体そのものの寿命は実は無く、周りの栄養状態が良くて物理的化学的に細胞が破壊されない限り、いつまでも生き続けてしまうのです。

では、なぜ生物は進化の過程で、死を自らの機能として敢えてセットしてしまったのか?

諸説と私の妄想で、その2と続けたいと思います。


(参考リンク)
●死の起源(その2)
●前世は有るのか無いのか(その1)
●有限の時間と無限の時空

Category: 科学

Thread: 心、意識、魂、生命、人間の可能性

Janre: 心と身体

tb 0 : cm 0   

【極楽浄土】MMD動画投稿しました!【楽園追放】 

懲りていたMMD動画ですが、最近めっちゃ忙しくてなかなか制作手つかずでしたが、取りあえず完成しましたので、投稿です!

今回のMMD動画で踊っていたただいたモデルさんは、楽園追放の大好きなヒロインのアンジェラさんです!

アンジェラ・バルザック 極楽浄土 再々挑戦 A

よろしければ、ご試聴いただければ幸いです(^^)



(参考リンク)
●再々再びw【MMD】懲りずに制作再開!
●MMD動画投稿、失敗・・orz
●MMDで「極楽浄土」PV投稿してみて(所感1)
●【MMD-PV動画】ジェネ(PSO2es)さんでLamb.投稿しました♪
●MMD投稿作品(PSO2es『ジェネ』でLamb.)2525達成!
●MMDでPV作品制作中2(極楽浄土)
●MMDで「極楽浄土」PV投稿しました!
●MMD動画(極楽浄土)アンジェラさんでの進捗
●エフェクトはさり気なく(MMD制作奮闘記)

Category: MikuMikuDance

Thread: ボーカロイド

Janre: 音楽

tb 0 : cm 0   

忙しい時には「こころなくす」 

1月は行く、2月は逃げる、3月は去ると、言われるように、年初の3か月はあっという間に過ぎ去るものです。

今年は特に私にとっては仕事が忙しく、創作が全く手つかずで、日々帰宅しては寝て疲れをとっては出勤のループです・・

まぁ仕事は最大の暇つぶしと言われるように、無趣味な状況では社会に役立っている仕事は最大の貢献であると思うので、ごく私的な創作遊びに比べれば、こうやって仕事で忙しいのは良いことであるとも思います。

時間を司る天使のミクさん

Tda MIKU Angel3


●そもそも「時間」とは?

で、ふと風呂に浸かりながらあっという間に終わった1日を振り返ると、いったい「時間」って何だろうなぁと?考えてしまいます。

私が知っているだけで、「時間」については、以下のとおりたくさんあります。

・時間も空間と同じく、絶対的なものではなく、相対的に揺らぎ変形してる
・時間はそもそも存在しておらず、人間の森羅万象の認識によって存在するようになった
・未来も過去同様に全て決定しており、現在は未来が影響した姿である
・時間は、エントロピー(科学的には熱の状態、哲学的には無秩序の度合い)のプロセス
・時間には、宇宙の開闢から終焉まで全ての可能性としてのパーツが備わっている
・時間は不可逆であり過去に実体が行くことはできないが、情報だけは過去に伝えらる可能性がある
・量子論的な超極小世界では、時間の概念は成り立たず、マクロの領域で初めて変化として分かるもの


etc・・

というような具合に、「時間」という存在は、本当摩訶不思議なものです。


●「時間」を考える[時間]

というように、「時間」について考える[時間]というのも、何とも不思議な感覚を覚え、日常における非日常の感覚を味わえたりします。

「時間」について、これからも[時間]がある時に色々と掘り下げたいと思います^^

<参考リンク>
●有限の時間と無限の時空
●限られた時間のなかで創作をいかに行うことができるか

Category: ライフ

Thread: 心、意識、魂、生命、人間の可能性

Janre: 心と身体

tb 0 : cm 0   

前世は有るのか無いのか(その1) 

忙しいときにまとまった制作時間が取れないけれど、ふと思い出すことを今回はブログに書き留めておきたいと思います。

MMDで女神っぽい何か??

でるたんポリ子式神命姫神・ヴァルキリーローズ  Up


●前世とは

前世とは、一般的には今の生を受ける前に生きた過去の世のことを言いますが、仏教をはじめ多くの宗教でこの概念はあるようです。
いわゆる[転生輪廻]とセットで語られることが多いようです。

宗教以外にも、多くの創作物で前世の概念をモチーフにした作品がありますので、多くを説明する必要はないかもしれないキーワードです。

そこで、前世を考えるにあたり、もしあるとしたらどんな状態なのかいくつか考えていることを書き出してみました。

 「連続的に繋がっている世界」
  世界線が連続的に繋がっている状況で転生を繰り返している状態です。簡単に言うと、自分が生まれる前のずーと昔にあった時代に生きていたということです。つまり、例え話でいうと今の生の前の世には、縄文時代の古代人だったというような自分です。

  これには以下バリエーションがあるようです。
  ・人間の前にも人間
    →生きていた場所はそれぞれ
  ・人間の前は別の生き物
    →動物なのか、はたまた昆虫なのか・・

  「非連続な世界」
  世界線が複数ある状況でその線上をジャンプしながら転生している状態です。この世ではない異世界に生きている状態です。l
  
  これにも以下のようなバリエーションがあるかも。
  ・物理法則が全く異なる世界(例:魔法が普通に存在)
  ・それぞれの世界から影響は受けている
  ・何に転生するかは、その世界の法則により異なる

つまり、前世と一口に言っても、空想するだけで全く異なる状態が描けるのです。

●前世はやはり無いかも

先ほどは、もし前世があるとしてという想像でした。ところが無いかもしれないということを考えてみたいと思います。

以下は父とのふとした会話です。

私の父は癌を患いましたが、幸いにも完治に近い形にまでなりました。
癌という死を意識しないとならない闘病を過ごしたことから、死に対して随分と考えたようで、ふと「あの世って無いだろうなぁ」と言ったことがあります。

以下、問答風の応酬です。

父:「あの世って無いだろうなぁ~」

私:「無いといえば無いかもしれない。でも、自分の体は最期には全て分解されて、世界に還元されて、また別の命を支える元素となる」

父:「それなら、わしのずーと昔は何だったんだろうなぁ?記憶が無いから分からんし」

私:「そら記憶はないよ。だって元素レベルでは別々に存在していたものが、たまたま生命として今集合しているだけだし。なので、おれ自身の体の元素は古に存在したといわれるクレオパトラの一部だったものが原子レベルでは一つでも私の体に入っている可能性があってもおかしくない」

父:「なら前世もあの世も無いんだ」

私:「物質の循環だけという意味においてはあるが、魂のレベルではどうなのかね・・」

父:「そもそも、あの世に行って帰って来た人が一人もおらん。お釈迦さまだって涅槃の時があっても、入滅後にこの世に帰って来たという話は聞いたことがない。どんな坊さんの説教を聞いても、あの世にいって戻って来た人の話を聞いたことがない。つまりあの世って無いに違いないと思うしかない。自分は死んだら完全な無になるんだろうな。」

私:「自分が生まれる前は、自分という存在は無いわけだから、確かに無に還るんだろうかねぇ・・・??」

この何気ない会話で、ふと想いを強くしたのが、物質自体は常に輪廻転生を連続的に繋がっている世界線のなかで繰り返していることです。
そういった意味においては、確かに凄まじい数の生命と物質の数限りない数の転生と輪廻が繰り返されているといえます。


●1回限りの自分という存在

ところが、自分という存在は、どうやらこの世には一度しか存在出来ない(確定ではない)

※このあたり、前世の記憶をもった人が何故いるのかという研究もあるようで、真実は不明ではありまが、実証できていない限り、可能性としては、無いということも多くの時代を生きた人の経験則と照らし合わせて自然な結論と考えられます。(真偽は不明であることは変わりありませんが・・

というわけで、忙しい合間ではここまでの考察で爆睡手前なので、続きは後日にて^^;

Category: ライフ

Thread: 心、意識、魂、生命、人間の可能性

Janre: 心と身体

tb 0 : cm 0