05 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

HaruP WorkS

シンセサイザーやボーカロイドで制作したオリジナル音楽をこっそり紹介

 

ボーカロイドSNS にゃっぽん終了 

2月15日23:59分59秒をもって、ボーカロイドの総合SNSとして運用されてきた「にゃっぽん」が終了しました。ボーカロイドの文化を通じて、様々な分野にわたるボカロファンが相互に交流し楽しめる場として非常に大きな役割を果たしてきたサイトでした。

にゃっぽんサービス終了のお知らせ

サイトは招待制となっていて、ある程度クローズな環境であるため、まったりと仲間内でワイワイ楽しみながら進めることが出来、また普段からボカロ作品をネットに投稿している製作者のメイキングや制作秘話に接することが出来たりと、大変面白い交流の場であったと思います。

ボーカロイドを取り巻く環境は、このSNSが出来た時代から5年以上経ち、かなり変わってきました。

世界に初音ミクの歌声が広がり、多くの企業も参入してきました。

これからは、ボーカロイドという楽器がだんだんと成熟に向かっていく過程だと思われます。
リスナー層も、黎明期の頃のDTMユーザーを中心とした層から、明らかに違ってきています。
今やボカロはリスナーの数が増えるにつれ、中学生から高校生がメインとなり、彼らの学園生活の
リアルな感性と心の琴線に触れる曲は、彼らに近い年代である作り手が多数派として楽曲をネット
に発表し賑わせ続けている状況となりました。

そして、中高生のリスナーの多くがボカロで育った音楽的感性でもって一部が作り手としても楽曲を
提供するようになる。そうなった時、どのようなムーブメントが起きるかは、またそのとき
にならないと分かりません。

ボーカロイドというムーブメントが、電子ネットワークでどの様に音楽の世界で変遷していくのかの
興味は尽きません。

あらためて思い出すと、インスト中心であった自分が、ボーカル入りの曲で、しかも作詞まで
するなどと全く思ったことないのに、作り始めるきっかけは、ボーカル音源であるボーカロイドが
あってのことでした。

何はともあれ、「にゃっぽん」には感謝です。
このサイトがなければ、私のボカロ作品は2作目以降は作れなかったかもしれません。

楽曲から絵、CGまでの創作者とリスナーを繋ぎ、まさにCGMを実現したネットワーキング空間で
あったと思います。このSNSが黎明期に果たした役割はとても大きなものでありました。

スポンサーサイト

Category: ボーカロイド

Thread: ボーカロイド

Janre: 音楽

tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://gotorin.blog76.fc2.com/tb.php/78-d398d26f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)