05 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

HaruP WorkS

シンセサイザーやボーカロイドで制作したオリジナル音楽をこっそり紹介

 

忙しすぎて花見することもかなわず、過ぎ去りし日々 

暇よりましかもしれませんが、やるしかないという思いで目の前の仕事を処理する日々の忙しさは、まさに心亡くすで、巡る季節を感じる余裕すらないまま日々が過ぎ去っておりました・

今年は花見には行けませんでした。
仕事に行って、遅い時間に帰宅して飯食って風呂入って寝て起きて、また仕事のローテーションで回転している日々だけの春でした。

考えてみると、一生のうち満開の桜をみれる回数って、長生きをしたとしても僅かな回数なんですよねぇ。
しかも天候に恵まれた中で最高のシチュエーションということに限定すれば、少ないものでしょう。

そう考えると、忙しくしているうちに、心を亡くして貴重な体験を逸していることは、存外に多い気がしてなりません。

人はどこからきて何のために生きてるのか・・?

忙しさがちょっとだけ小休止だけで、このあとも怒涛のような忙しさがあることを考えると、この空虚なままの自分に苛まされそうです。

生命溢れる春
でも儚い桜の花

だからこそ美しいんでしょうねぇ

MMDで制作したダンス動画「極楽浄土」の1シーン。妖艶に咲き誇る満開の夜桜の雰囲気がお気に入りのシーンのひとつです

極楽浄土イメージ 2

創作を再開できる心と体の余裕がない日々でちょっとだけ徒然なるままに

<参考リンク>
●レゾンデートル(存在の理由)
●有限の時間と無限の時空
●死の起源(その1)
●死の起源(その2)
●限られた時間のなかで創作をいかに行うことができるか
●[創作物]と[農作物]
●桜花と音楽のアナロジー
●とある少女の音楽制作
スポンサーサイト

Category: ライフ

Thread: 心、意識、魂、生命、人間の可能性

Janre: 心と身体

tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://gotorin.blog76.fc2.com/tb.php/345-0c576331
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)