09 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

HaruP WorkS

シンセサイザーやボーカロイドで制作したオリジナル音楽をこっそり紹介

 

音楽もスポーツ? 

音楽は楽器の演奏においては身体を使った芸術でもあるといえます。DTMによる打ち込みが制作の主流になったといっても、プロのレコーディングにおいてはスタジオでの生演奏のレコーディングが王道で、またライブでの演奏は当然体力勝負というのが今も変わりなく行われています。

●芸術は身体を使う
芸術は精神活動であると同時に生身の体、身体を使った表現活動でもあります。
つまり[心身一如]であるところに、その妙があります。

(もちろん、その身体性がコンピューターの進歩とともに、仮想性が高まっているところは論を待ちません。)

特に楽器演奏は「時間芸術」を紡ぎだすものでもあり、ほんの一瞬ですら音となって変化する表現との格闘が演奏者には求められます。

だからこそ楽器演奏の習得には、練習に継ぐ練習、つまり日々の鍛錬が重要です。
これは、いわば身体を極限まで鍛えるスポーツと同じプロセスともいえます。


●スポーツ医学はあるが・・?
当然、身体を酷使することで起きる様々な障がいにもつながり、スポーツには医学的なアプローチが早くから行われてきました。
ところが、同じ身体を鍛錬し使うはずの音楽分野においては、医学のアプローチとしては[音楽療法]など、どちらかというと聴く側に特化した印象があります。
しかしながら、昔から楽器のトレーニングで、様々な「障がい」が起きていることも事実です。

ピアニストなら腱鞘炎(局所性ジストニアなども含みます)が有名ですし、ドラマーは腰椎などを起こしやすいことも知られています。
もちろん症状がでたら治療行為として医学的には療法はあるとしても、スポーツ医学ではトレーニングにおける予防法なども研究されているわけで、楽器トレーニングや演奏者のための医学的なアプローチは、はたしてされているのか?という興味がわいてきました。

●音楽家のための医学研究

そこで調べてみると、なんとありました!

その名も「音楽医科学研究センター

画像:音楽医科学研究センターのトップページです

音楽医科学研究センター


この研究センターの概要を調べてみると、音楽家、演奏者のための総合医学を目指しているそうです。
おお、まさにスポーツ医学に相当する研究や障がいが起きないようにするための予防対策が、音楽分野で専門研究されているのです!

これから、さらに研究が進み、より高みを目指した演奏技術の正しい形での習得や、演奏初心者が体を労りながら飽きないためのトレーニング等の裾野の広がりを図るなど、とっても有望な気がしました。


さてさて、こんなことを書き綴りつつ、私自身はどうなんだ?というと、楽器演奏のトレーニングがとても苦手なまま、音楽制作することのほうに興味が特化しシンセをいじりたおしているうちに、気が付いたらにロクな演奏が出来ないまま今日を迎えております(^^;

私は趣味での制作中心でライブをしないので特に問題はないのですが、楽器演奏が出来たら作曲の効率や引き出しも増えつつ楽曲表現も広がるでしょうし、何より思いつたフレーズを即興で弾いたりお気に入りの曲を演奏できたりするのは、とっても気持ちよく楽しいことに違いありません。

もしも~♪ピアノが弾けたならぁ~♪想いの~♪ (やっぱ名曲ですねぇ^^


スポンサーサイト

Category: 音楽考

Thread: DTM、宅録、ミックス、レコーディング、機材

Janre: 音楽

tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://gotorin.blog76.fc2.com/tb.php/272-405af970
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)