05 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

HaruP WorkS

シンセサイザーやボーカロイドで制作したオリジナル音楽をこっそり紹介

 

音楽の起源とは? 

音楽を聴いていいなぁとか、感動したり琴線に触れるのは人間だけです。

でもそれって、いったい何で、いつ頃からなんでしょうね?

もちろん動物も音を認識しますが、それらを楽しむ形にまで作ってきたのは人間だけが築いてきた「文化」ともいえるからでしょう。

●音楽の起源

では、人間はいつから音楽を楽しむようになってきたのか、その起源を探るのにあたり色々と調べてみると、学問的には諸説あるようです。

・言語起源説(合図起源説含む)
・進化論的起源説
・リズム起源説
・肉体衝動説
・労働起源説
・求愛起源説(進化論的起源説にも含まれる)
・模倣起源説
・宗教的行為起源説(呪詛起源説含む)
・情報起源説

その他諸説あり

とまぁ少し調べただけで、いっぱい出てきてしまいました。
それぞれの説について言及するとそれだけでも膨大になってしまいますので、今回は以前私が書いたブログから起源のキーワードとなる気づきのひとつを引用したいと思います。


●人が生まれた時に初めて聴く音

皆様、赤ん坊だった頃の記憶で覚えていることってありますか?

私のおそらく一番古い記憶は、ベビーベッドに寝かされたとき、天井から吊ってあった回転するメリーゴーランド?のようなおもちゃの姿です。音は鳴っていたような気がしますが、思い出せません。
音の原初体験そのものを思い出すのは難しいものかもしれません。

でも、誰でも最初に必ず聴く音だけは確実に回答できます。

そう、母親の「心音」です。

考えてみれば当たり前のことなのでしょうが、実はこれで非常に面白い記事を紹介したことがありますので、再掲といたします。


●本能が昂るビートとは

以下、その時のブログ内容を引用したいと思います。

本能が昂るビート!!【胎児とダンス】



テクノをはじめとするダンスミュージックや民族音楽のビートに、人は民族、文化そして時代を超えて昂り高揚するのは何故なのか?
分かるようで意外と分からない謎でしたが、ネットでの話題で、おおお!!これだああああという記事を発見!

テクノや民族音楽で「本能が昂ぶる」理由が解ける動画比較

このリンク先を詳しくはみていただいてもOKですが、YouTubeにアップされていますので、このブログでもリンクを使って紹介します。


[1]まず、この動画のミニマルテクノをしばらく聴いてみてください。(22分辺りからの再生推奨)






[2]いったん止めて、次の動画を再生してみてください。





なんというシンクロ率でしょうか!

記事の紹介で[1]の動画では、22分あたりからを是非、一度繰り返し聴いてから、[2]を視聴してみみてください。これを繰り返していると、だんだんと二つの音が同期しているかの感覚を受けます。

母が奏でる<鼓動>ビートに包まれて我々は育まれ、そしてこの世界に生まれ、そして、また新たなビートに高揚するのが、まさにこの理由だったのです!

宇宙は鼓動に溢れ、生命が躍動する!
これぞ、ダンス!!

というわけで、この素材を元に、かなりざっくりとしたリミックスしてみました。
ミニマルなビートに絡む鼓動が、胎児が母親のお腹の中で聴いてるサウンドです。

【胎児とダンス】remixed

なんという親和性でしょうか。リミックスしてて、ぬおおおおと(┘;°Д°)┘



人種を超えて存在する音楽の起源って、命の誕生と関係しているのかもしれませんね。

これからも音と音楽の摩訶不思議について、音楽制作を進めながら考察を続けていきたいと思います。

画像:「自然音 胎内で聴こえる音」のサムネ
胎内で聴こえる音

スポンサーサイト

Category: 音楽考

Thread: DTM、宅録、ミックス、レコーディング、機材

Janre: 音楽

tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://gotorin.blog76.fc2.com/tb.php/266-22eeedb9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)