09 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

HaruP WorkS

シンセサイザーやボーカロイドで制作したオリジナル音楽をこっそり紹介

 

小室哲哉のシンセ・ワーク(スタジオ・ライブ!) 

YouTubeに、TMネットワークの活動を再開した小室哲哉のハードシンセによるスタジオライブ動画が上がっていましたので紹介したいと思います。

最新の機材としては、YAMAHAのMOTIF XF6くらいで(しかもごく一部だけ使用w)、サウンドのメインは現在発売していないハードシンセなのに、今を駆け抜ける最先端のシンセサウンドを展開しながら、まるまる1曲アドリブで仕上げてしまうあたり流石です!


技で分かったところを少しだけ解説しますと、RolandのFantom G6のライブモードに仕込んであるパッチ(リズムやベース、リフなどの演奏フレーズがキーの音階ごとに割り当てしてある)を、1本指で鳴らし分けながら、現在そして初期Nordleadで2台でのバーチャルアナログモデリングの音が翔けあがり降下していく陶酔サウンドを重ねていくという感じです。
テンポはFantom G6のαダイヤルの設定をテンポにアサインして、曲の最初と終わりで徐々に変化させる小技が使われています。

あらかじめ仕込んであるのは基本短いフレーズ単位で、それらを組み合わせながら、途中CDをループ再生しながらリズムを合わせて、どんどん曲が展開する様はさすがですねぇ~!
使えるものは膝まで使う演奏がたまらんですw



スポンサーサイト

Category: シンセサイザー

Thread: DTM、宅録、ミックス、レコーディング、機材

Janre: 音楽

tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://gotorin.blog76.fc2.com/tb.php/238-88e51fb2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)