05 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

HaruP WorkS

シンセサイザーやボーカロイドで制作したオリジナル音楽をこっそり紹介

 

トランス楽曲でピアノを使い始めたのは誰? 

綺麗系のトランス楽曲ではピアノの旋律がとても良く合います。今では多数の曲で聴くことのできる定番の取り合わせですが、その起源は果たして誰が最初でいつからでしょうか?
色々と検索したり、自身の音楽歴から考察しますと、どうも有名なところでは、Robert Miles(ロバートマイルズ)に行きつきます。
Robert Miles - Children [Dream Version]


この曲は様々なBGMや劇伴でも使われていますので、どこかで耳にしたことがある方多いのではないでしょうか?
ピアノのシンプルなフレーズとリズミカルなダンスビートが絡む哀愁のある美的サウンド。
流行っていた90年代後半の当時ピアノトランス、ドリームトランスというようなジャンルの呼び名もあったようです。

Robertが最初という確証にまでは至りませんでしたが、彼の楽曲がその後のダンスミュージックに絶大なる影響を与えたことは間違いないと思うところです。
ちなみに、検索していたらこの曲は有名な刑事ドラマ「踊る大捜査線」で使われていたことを思い出しましたので紹介をば。

Robert Miles - Fable

この楽曲の展開はまさに王道。スネアドラムのロールとピアノの駆け上がる感じはトランスの様々な名曲でも定番となった構成です。

ということで、私もトランス楽曲にピアノを使うことが大好きで、自身の楽曲でも要所で使っています。
簡単にクロスフェードで紹介をば。

使用楽曲:imaged sceanery~HARU fit. Luka~HAYABUSA~Nebula Remixed~ソラノシロ
スポンサーサイト

Category: トランス

Thread: DTM、宅録、ミックス、レコーディング、機材

Janre: 音楽

tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://gotorin.blog76.fc2.com/tb.php/129-56479a81
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)