05 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

HaruP WorkS

シンセサイザーやボーカロイドで制作したオリジナル音楽をこっそり紹介

 

歌詞の難しさ 

私は、音楽制作のほとんどがインストルメンツ曲を中心にしてきましたので、初音ミクを歌わせる楽しさは格別のまた面白さがありますが、その面白さと同じくらい苦しむのが作詞です。

言葉を紡ぐことの難しさは、作曲とはまた異なる困難さに溢れています。

私は、本はそれなりに読んできましたが、ジャンルといえば、ほとんどが科学読本、音楽系、社会学的なものばかりで、詩や文学に関しては、ほぼ皆無といっていいほど接してきておりません。

ましてや、美しい言葉の集積されている古典は、学校では嫌いな教科でした。もっとしっかり勉強しておけばと、今更ながら後悔です。

ミク作品において自身のオリジナル曲を歌わせるにあたり、作詞は必須です。
そうなると途端に、自身の言葉遣いのあまりの貧困さに直面せざるを得ません。

キャッチーなフレーズを思いつくわけでもなく、かといって、詩的な表現などがうまく出来るわけでもなし。

もちろん今は創作の連鎖、CGMの時代ですから、人様が作られた詩をお借りするというのは、無い知恵を絞るよりも有益なことが多いでしょう。
それを実現した「ピアプロ」という心強いボカロサイトもあります。

しかしながら、インストで音楽を作ってきたことは関係ないと重々に承知ながら、なぜか私は人様の作られた詩を、うまくメロディに乗せることが出来ないのです。
歌詞の節回しと、自分のメロディへの乗せかたが、良い形で収まらないのです。無理強いすれば歌詞のもつ世界を台無しにしてしまいかねません。
何度かチャレンジしましたが、結局、未発表でお蔵入りです。

このように自身に作詞の才能がないのに、人様の詩をお借りしたとしても納得いく作品に出来ないようなら、やはり自分が作るしかないというジレンマに突入してしまい、結局ボカロ作品を作り続けることが困難にという負の連鎖に・・。

現在作曲している曲は、楽曲はほぼ完成しつつありますが、最後の難関である作詞にやはり悶絶中です^ω^;
スポンサーサイト

Category: ボーカロイド

Thread: VOCALOID

Janre: 音楽

tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://gotorin.blog76.fc2.com/tb.php/103-f1a372e4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)