09 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

HaruP WorkS

シンセサイザーやボーカロイドで制作したオリジナル音楽をこっそり紹介

 

リミックスとアレンジのはざ間で 

リミックスは、ダンスミュージックではごく当たり前の
手法である。

ではアレンジとどう違うかというと、アレンジの過程でも
サンプリングやDAWでのレコーディングが普通となった今、
その間に明確な線引きが出来なくなっているのが、現在の
シーンである。

自分の行っている方法を振り返ってみても、アレンジなのか
リミックスなのか取り混ぜているゆえ明確な線引きが
出来ない。

特にボーカロイドは、オリジナル作者様からVSQデータをお借りした場合、
自身のトラックで構築するにあたり、演奏データレベルまで手を加える
ことができ、いわゆるサンプリングデータをいじるのとは少しばかり
違う感覚がある。

ちなみに、粒子Pさんにリミックスしていただいた「HARU / AERIAL FLOW REMIX [WEB EDIT]」は、
当方からCVSデータを提供させていただいたが、私には無いニュアンスを付けられて初音ミクの
ボーカルを再現されており、おお、こんな手があったかと大変興味深いものだった。



まぁ方法論的にどんな経由を辿ろうとも、原曲の世界観を自身の解釈によって
再構成する面白さは、CGMに通じる創造の連鎖のダイナミズムを感じ、
オリジナルを作るのとはまた違う面白さがあって大変有意義である。
スポンサーサイト

Category: リミックス

Thread: DTM、宅録、ミックス、レコーディング、機材

Janre: 音楽

tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://gotorin.blog76.fc2.com/tb.php/1-1097c27a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)