04 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 06

HaruP Works

シンセサイザーやボーカロイドで制作したオリジナル音楽をこっそり紹介

 

TRITON Rackのパッチで即興演奏 

コルグのラック音源の名機、TRITONのRackモデルのパッチを即興演奏してみて、さらに最新シンセのKRONOSと往年のデジタルシンセ名機JD-800をさらに即興演奏してみたデモです。
演奏は相変わらず下手なので、楽曲を完成させるには、シーケンサー打ち込みを基本としますが、今回はハードシンセならではの即応性と即興性を重視してささっと録音したものを重ねたデモ曲です。

写真1→一番下の白いのがTRITON Rack
いわゆるハイファイな音ではないのですが、とっても音楽的な美味しいサウンドでアルペジオのパターンにいいのが多く重宝しています。Vocaloid作品でも必ず使うのがこの音源。大好きな手放せないハードシンセのひとつです。
TRITON 2
パッチ名「ECConfirmation」の即興演奏









そして、これを元にKRONOSのエレクトロ系のパッチで即興演奏。自動演奏機能でリズムとリフは生成されています。

写真→KRONOS
KROONOS.jpg










さらに、デジタルシンセの名機JD-800のメロディを加えてみました。
こちらも、ほぼファクトリープリセットで、JD-800が得意な伸びやかで煌びやかなアタック感のある定番のサウンドを選んでみました。

写真→JD-800
JD-800.jpg









これらの即興演奏のレコーディングをエディットし完成!
新旧ハード音源の競演はいかがでしょうか?
即興性を大事にするため、手を加えたのはオーディオ録音したあとのミキシングバランス、カットアウト、カットイン、デュレイ、ちょこっとフィルタリングしただけにとどめて、MIDI情報の修正無しの演奏はド下手なままです。
写真→SONAR X1でエディット
TRITON ECConfirmation edi

曲名はパッチ名そのまんま^^:TRITON ECConfirmation with KRONOS & JD-800






スポンサーサイト

Category: シンセサイザー

Thread: DTM、宅録、ミックス、レコーディング、機材

Janre: 音楽

tb 0 : cm 0