01 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.» 04

HaruP Works

シンセサイザーやボーカロイドで制作したオリジナル音楽をこっそり紹介

 

ミクトランス・オリジナル曲 トラックメイキング解説 第3.9弾!! 

ミクトランス曲がどのように完成に向かって出来上がるかの解説を引き続きしてみたいと思います。

題材は「風とともに~With The Wind~」です。

この曲の展開で、とっても大事に仕上げた箇所を、様々なトラックで制作した音を聴いていただきながら、解説します!

●シンセベース+Pad+ハイハット
シンセベースと空間系のシンセサウンドとハイハットを組合わせてみました。
シンセベースはフィルターワークスによってびょんびょんとなる変化をオートメーションで作りました。











●効果音の数々です。しゅぱーーードーン!!がしゃーーーんん!!という感じでやってます(^^










●V-SynthGTによるアルペジェータサウンドとSONARでは定番のソフトシンセz3ta+2の絡むサウンドです。トランス系ではこの(アルペジオ)分散和音の出来がまさに肝です!










●ミクさんの歌。左右に別々の音程で振りわけ、そして周波数を積極的にコントロール出来るパラメトリックイコライザーで1.2Khz以下をカットしながら、次第にフラットな特性にもってきながら、空間的な広がりが出てくるようオートメーションで演出を施しました。










●今までのサウンドを全てミックスし、さらにトランス定番のベースドラム入れてみました!









いかがでしょうか?
ミクさんが伸びやかに歌ってくれる雰囲気が出てたのなら幸いです♪

さて、それではまた後日続きを紹介をしたいと思います!
スポンサーサイト

Category: ボーカロイド

Thread: VOCALOID

Janre: 音楽

tb 0 : cm 4