05 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

HaruP WorkS

シンセサイザーやボーカロイドで制作したオリジナル音楽をこっそり紹介

 

美しくも儚き世界を歌い上げた楽曲 

音楽を聴いて思わず涙が頬をつたう経験はとっても切なくも貴重な体験であると思います。
私の拙い音楽歴でも、数回ほどあったような気がします。

そして、そのような曲をYouTubeで発見しましたのでご紹介を。やはりネットの情報の海は広大です。



日本では一切リリースされていませんので無名ですが、映像作品に主に使われる劇伴系のアーティストでヨーロッパでは名が知られた「Ivan Torrent 」の楽曲のようです。
特に47秒から60秒にかけての美しい旋律の絡みは、まさに至高!
ピアノと歌声の2声のハーモニーが美し過ぎます。

ちなみにこの楽曲制作で使われたボーカルのパートのひとつは、おそらく次のソフトシンセであると思われます。

SHEVANNAI / BOX

アーティスト本人の公式アカウントがあったので、そちらに掲載されているアルバム紹介用のものは以下のとおりです。(本当は全て公式でご紹介したかったのですが)

メロディアスな壮大なオーケストレーションに、シンセサウンドやエレクトロニックな妙味が重なり、ダンサブルでいて美しく抒情的な楽曲が特徴です。




音楽ってやっぱり心を癒し人生に光を注いでくれる芸術だと思います。

<関連記事>
●SHEVANNAI Demo(エルフシンガー・ソフトシンセのデモ曲)

スポンサーサイト

Category: 劇伴・サントラ

Thread: ボーカロイド

Janre: 音楽

tb 0 : cm 0   

効果音(音による臨場感と演出) 

音響効果音(SE=Sound Effects)は、あらゆる映像の演出には欠かせない音による効果で、あらためて説明するまでもないことかもしれません。
しかし、その舞台裏を話すと、昔から職人技の集大成で、まさに「音の表現芸術」というに相応しい分野でもあります。

●音効もライブラリーが主流に

テレビ局では、音響効果を専門に取り扱うスタッフを音効(おんこう)さんという愛称で呼び、音に纏わる様々な技が使われていました。
色々な素材や道具を駆使し、ほぼ手作業により映像にシンクロした臨場感を昔から演出してきました。

そこには体得した技をまるで一子相伝で弟子に伝える秘伝の音作りもあったのですが、音響テクノロジーの進歩と共に様々な効果音が表現手法のノウハウとあわせて共有できるようになり、さらに膨大な数に上るカテゴリーごとにライブラリー化された業務用の素材としてあらゆる音素材が用意され、作らずとも借りるデータが最初から揃っている時代となりました。

実は技が秘伝とはいえ、一部明かされていたりします。

世界的に有名なのが「ゴジラ」のあの特徴的な怒号の鳴き声ですが、像やライオンなどの様々な動物の鳴き声を、当時のオープンリール・テープレコーダーを駆使(スピードを変えたり、複数の音声を音響効果装置[いわゆるエフェクター]に通しながら重ね録音等)して、アナログ録音されたテープを擦り切れるほど試行錯誤しながら音効の職人技で作り出しているのです。
今聴いてもどうやって作ったんだろうか?と、本当凄い技だと思います。

もちろん、素材をいかに選んだり加工したりして、映像や演出にぴったりの音響効果とするかは、今も昔も変わりなくセンスを磨く必要があります。


●本物を追求したSE

アニメ作品で、高品位なオーディオセットや良質なヘッドホンで視聴すると、実に素晴らしい音響効果だなぁと感心する作品に出合うことがあります。

いくつかありますが、最近の作品でお勧めは以下の作品を紹介したいと思います。


「蟲師」
 ↓


自然の環境音が実に繊細に表現されています。
雨の降りだしの音や、水音、山の環境音が季節が変わるごとにその表現が音でもされているという秀逸な作品です。


「シドニアの騎士」
 ↓


SFは電子音の宝庫ですが、重量感や煌びやかさを感じる仮想サウンドの作り方が非常にうまいなぁと。
歪みを実にうまく加工して迫力あるサウンドに仕上げてあります。


「Dimension W」



以前のブログで、かっこいいアニメ・オープニングとしても紹介。

トヨタ2000GTという日本を代表するヴィンテージ・スーパーカーが主人公が乗り回すのですが、その音が実にリアリティある音。
公式サイトの特集で分かったのですが、わざわざ実車(ちなみに今や中古相場で取引額が数千万円するのがざら!過去には最高額で1億円超えした車ですw)で実際のサウンドを細かく収録したとのこと!

Dimension W site chapter.04 音響効果

これは通常放映のアニメとして、そこまで手間がかけることが出来ないのに、あくまでも本物を追求する気合いが入っていて凄いですねぇ。

写真:トヨタ2000GTの実際のエンジン音を収録中(サイト内の写真より)

img_chapter04ed.jpg
効果音の話は本当面白いですので、またこのテーマではさらに細かな内容で色々と紹介したいと思います^^

Category: 劇伴・サントラ

Thread: アニメ

Janre: アニメ・コミック

tb 0 : cm 0   

かっこいいアニメOPきた! 

アニメは、名曲の宝庫ですが、ダンスビートと映像とのシンクロがかっこいいアニメOPをご紹介したいと思います!

何が良いって、可愛い美少女が出ているのに、おっさん(あとで分かったのですが、主人公若いそうですw)を躍らせているところ。



「おっさんがかっこいい、アニメは名作」というジンクスがあります(例:攻殻機動隊など)が、面白そうな予感がします。

ちなみに、楽曲を提供されている「STEREO DIVE FOUNDATION」は、「様々な数多くのアーティストへの楽曲提供やアニメ・ゲーム作品のBGMを手がけるなど多方面で活躍しているR・O・N(ロン)による新たなサウンドメイキング・プロジェクト」とのこと。最先端のサウンドがクールです。

そして、主宰のR・O・Nの楽曲制作は、DTMテクニックを駆使して1人でほぼ全部作っているのこと。

画像:OPの一部をキャプチャー

Dimension W OP


Category: 劇伴・サントラ

Thread: アニメ

Janre: アニメ・コミック

tb 0 : cm 0   

攻殻機動隊S.A.C.オープニングテーマについて 

数多なアニメのオープニングの中でも、お気に入りの作品のひとつが、機動隊 S.A.C. 2nd GIG」オープニングテーマ「rise」です。


攻殻機動隊のオープニング




その音楽的表現にとっても感銘を受け、透明で美しい歌声で渋い楽曲でボーカロイドで歌わせてみたいなぁと思っておりました。それを意識して作ってみたオリジナル曲が次の曲でした。



とっても嬉しいことに、コメントでその雰囲気を、攻殻機動隊S.A.C.のオープニングをはじめとして音楽を担当していた菅野よう子さんの雰囲気を感じた方のコメントがありました。


さて、最近、ニコニコ動画を巡回していて知ったのですが、その「rise」を歌っていた歌手のOrigaさんが亡くなられていたことを知り、とてもショックです。

この方のミステリアスでいて、とても伸びやかな美しい歌声は大変素晴らしく、
菅野よう子さんの哀愁漂う素晴らしい楽曲で、彼女の歌声と世界観と映像がマッチングした秀逸なオープニング。今聴いても心の琴線に触れます。

調べましたら、まだ44歳という若さ・・。
ロシアでのニュース記事

在野の映像作家さんが、このオープニングのかっこよさに触発され、様々なMADが制作されてきました。








彼女の歌声が新作では聴けなくなるのは大変残念ですが、本当に素晴らしい作品とともに彼女の歌声がネットの世界でこれからも語り継がれるということは、「ゴースト」の在りかとは何かとふと想うのであります。

Category: 劇伴・サントラ

Thread: アニソン・キャラソン

Janre: 音楽

tb 0 : cm 0   

「進撃の巨人」の劇伴風のサウンドてんこ盛り! 

アニメ「進撃の巨人」のサントラが壮大でいて悲壮感があふれる叙情的サウンドに仕上がっていて素晴らしいですが、実はこの劇伴の音はあれどこかで?といろいろ思い当たるところをブログにをば。

その音楽性におそらく影響を受けていると思われたのが、いわゆるepic系といわれる壮大な劇伴サウンドです。

epic系の劇伴を使い劇場予告篇風に仕上げたのが以下のMADです。
(ニコニコ動画に転載であがっていた作品です。元曲は後でネタばらししますが、進撃のサウンドトラックではありません。世界観を維持したまま、うまい具合に予告編になってしまってますw)




それで、この作品のBGMの元ネタはこちらです。



およそ2時間に渡る映画をわずか2分程度に凝縮しその魅力を伝える予告編。その中でも予告編全体を決定づけるその音楽は最重要エレメントです。

そのわずか数分間にepic系のシンフォニックな劇伴サウンドを凝縮して提供している作曲集団である「TWO Steps from Hell」は、ハリウッドで重宝されています。

名前はおどろおどろしいですが、サウンドは本当みなぎるほどの壮大さ!
実は、オーケストラサウンドは、全て打ち込みによるサウンドメイキングによるもの!(確認しましたら流石にこの音は生のオーケストラでした・・。打ち込みでは現在でも無理な表現力です。味付けで入るシンセサウンドはあとからレコーディングして重ねてあるとのことです。謹んでここに訂正いたします)
大容量のサンプリング・ライブラリーを使いDAWで緻密に構築されたものです。

確かにこれだけの壮大さは、本物のオケだと逆に難しいので、よい形で叙情的な迫力あるサウンドを表現してあると思います。

これらの記事の元ネタとして参考にしましたwikipediaの記事がいかになおざりで信用ならないか、図らずも体験できました(^ω^;
全てサンプリングとかよくまぁガセネタをww

その他の作品をば

Category: 劇伴・サントラ

Thread: DTM、宅録、ミックス、レコーディング、機材

Janre: 音楽

tb 0 : cm 1