FC2ブログ
06 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 08

HaruP WorkS

シンセサイザーやボーカロイドで制作したオリジナル音楽をこっそり紹介

 

シンセサイザー・アーティストの名アレンジ! 

東海林修という、シンセサイザーが日本で使われ始めた黎明期より活躍しておられたアレンジャーかつ作曲家(野口五郎の名曲の数々を手掛ける)がおられます。

そのアーティストのアルバムから、レンズマン!

1984年当時はレジスターの如し巨大で扱い難いシーケンサー(自動演奏装置)が主流で蜘蛛の巣を張り巡らせたようなケーブルで結ばれたシステム・モジュラーシンセを使い、繊細な打ち込みと多彩な合成音色で構成された楽曲の展開が実に素晴らしい!!
30年近く経った現在でも色あせない楽曲です~♪
変拍子がきもちいいい!!!

[1984] Digital Trip SF Shinseiki Lensman Synthesizer Fantasy - Full Vinyl Rip


ジャケット写真

LensJa.jpg
スポンサーサイト

Category: シンセサイザー

Thread: DTM、宅録、ミックス、レコーディング、機材

Janre: 音楽

tb 0 : cm 0   

シンセサイザーを全て生演奏した楽曲(深町純)Digital Trip 

私の音楽制作は、生演奏を伴わないデータとして音楽情報を入力する「打ち込み」で作りこんでおります。

それに対して私と同じくシンセをはじめとする電子楽器のみを使いながらも、リズム以外は打ち込みを全くすることなく、全て即興の生演奏で楽曲を作り上げる才能に感服したので紹介



日本を代表するトップキーボディストであった「深町純」氏の作品です。
YouTubeにアップされていた往年のライブ演奏の映像をみると、頭の中に沸き起こる音楽がそのまま演奏されているというような神演奏
ライブでは即興だけで何曲も音楽を展開できるという凄いひと

ジャケットはこちら

Digital Trip クイーン・エメラルダス (Queen Emeraldas) Synthesizer Fantasy

松本零士の描く美女は妖艶でいて、まさにため息がでるほどに美しい~


Category: シンセサイザー

Thread: DTM、宅録、ミックス、レコーディング、機材

Janre: 音楽

tb 0 : cm 0   

Prophet Rev2 マイスタジオに! 

Sequential Circuits Prophet-5といえば、黎明期のポリフォニック・シンセサイザーとして、世界中のアーティストに愛用されてきた、往年の名機です。

日本では、坂本龍一をはじめとして、細野晴臣、オフコースの小田和正、喜多郎、そしてシンセの神様・冨田勲御大らと多くのミュージシャンが愛用してきました。
YMOの全盛期のサウンドはこの機種があってこそ!
特に坂本龍一が出演し劇伴を担当した「戦場のクリスマス」のサウンドトラックのシンセサウンドの多くがこの機種で制作されています。

そして、1978年の発売された当時の値段が170万円とのこと!!
簡単には入手できない憧れの機種であったわけです。

そして、その音をそのままに現在にリノベーションした機種が、Prophet Rev2です。

prophet_rev2_main.jpg

そして、我がスタジオ・アインシュタインに導入しました!
16音もの同時発音数のアナログ回路とそれらを制御するデジタルコントロールの安定性の素晴らしさに、ただただ感嘆~
(原型のProphet-5は、名前のとおり同時発音数5音であったので、実にその3倍の豪華さ!)

もう、本当に現代に蘇る往年の名機のサウンドが最高です♪

サウンド・デモはこちらで



自分のデモ曲を上げることができたらなぁ・・

Category: シンセサイザー

Thread: DTM、宅録、ミックス、レコーディング、機材

Janre: 音楽

tb 0 : cm 0   

ドイツのラジオ局でヘビーローテーション! 

私のシンセ仲間かつ親友にNemoさんという方がおられます。

この方の凄いのは、古今東西のあらゆるシンセの特徴を網羅し、かつ解説できること!
そして、英語もペラペラの秀才です。

さて、そのNemoさんですが、とあるきっかけでドイツのラジオ局でデビューとなりました!!

この私、ドイツから全世界へ、インディーズとしてデビュー!!!!

そのNemoさんのデビューに肖り、私のオリジナル曲(ミクトランス)のソラノシロをラジオ局を開設しているDJにご紹介いただいたところ、なんとヘビーローテーションで日々オンエアされているそうです!

Radio-Dark-Tunnel (authorized by DJ Dark Father)


とってもクールでダークな楽曲がいっぱいかかっているなかで異色ですが^^

ソラノシロ



ニコニコ動画キャプチャー

ソラノシロ


Category: シンセサイザー

Thread: DTM、宅録、ミックス、レコーディング、機材

Janre: 音楽

tb 0 : cm 0   

KORG 新アナログ・シンセきたあ!! 

世界最大の楽器ショー[NAMM Show]がアメリカのカリフォルニア州で毎年開催されています。楽器の新作だけでなく最新の音楽機材に至るまで一堂に集まり、世界中の楽器関係者が集まるという見本市&商談会です。

この楽器ショーは、メーカー、アーティスト、レコーディングエンジニア、商社や楽器店のトレード向けが主たる目的なので、一般入場が出来ない商談会でもあります。

毎年、どんな新製品が出てくるのか楽しみですが、今年は私的にはコルグから待望の本格的ポリフォニック・アナログ・シンセサイザーがきたのが、最高です!!

写真:新製品のprologue-16
KORG prologue


●ピュアアナログ回路で、なんと16同時発音!

以前、ブログで紹介しましたとおり、ピュアなアナログ回路はデジタルで構成するより部品点数、パーツの精度も含めコストアップは不可避です。

そんななか、コルグが16音もの発音数を備え、しかもアナログ回路だけでは不可能な複雑な倍音発生する仕組みMULTI ENGINEなるものを搭載して発売になるそうです。

しかも、お値段が信頼のメイド・イン・ジャパン製で16音ポリのモデルprologue-16で、22万円という、結構なお値打ち価格に!
お値打ちがピンとこないかもしれませんが、参考に、発音数が半分の8音ポリフォニック・アナログ・シンセサイザーで有名なローランド「Jupiter-8」が発売当時(1980年代)で、なんと98万円です!
今の貨幣価値に換算すると130103万を超えていたかもと思うとですねぇ

いつかは入手したい名機Jupiter-8

roland_jup8.jpg 



以下、早速、公式サイトにデモ曲が上がってましたので、紹介をば!



<参考リンク>
世界最大の楽器ショー開催間近!2016

Category: シンセサイザー

Thread: DTM、宅録、ミックス、レコーディング、機材

Janre: 音楽

tb 0 : cm 0