06 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 08

HaruP WorkS

シンセサイザーやボーカロイドで制作したオリジナル音楽をこっそり紹介

 

Roland JD-XA,SYSTEM-8,and DSI OB-6でアドリブ演奏 

久々にシンセの火を灯しまして、一気にアドリブで曲を仕上げてみました。

打ち込みはしていないので、ちょっとヨレヨレのリズムはご愛敬でw
アドリブは勢いに任せて、一期一会のデモとなるところが面白いです。

以下は、今回のデモ曲で使用したシンセの写真です。

Roland JD-XA
jd-xa_dr_gal.jpg

Roland SYSTEM-8
system-8_main.jpg

DSI OB-6
ob6_main.jpg


よろしければドゾ

スポンサーサイト

Category: シンセサイザー・サウンド・デモ

Thread: DTM、宅録、ミックス、レコーディング、機材

Janre: 音楽

tb 0 : cm 0   

久々にオリジナル・サウンド・トラックをば! 

RplandのJD-XAという、デジタル+アナログのハイブリッドシンセがあるのですが、久々に火を灯し、一気にデモサウンドを作ってみました!!

いやー、やっぱアナログはいいものだあああ!

赤い彗星w JD-XAの雄姿!!

jd-xa_dr_gal.jpg


demo Track



使ったDAWのSONARの制作中画面

Land Scape (A JD-XA Demo Track)

Category: シンセサイザー・サウンド・デモ

Thread: DTM、宅録、ミックス、レコーディング、機材

Janre: 音楽

tb 0 : cm 0   

久々にトランス系のデモ♪ 

本当に久々に、音楽制作用のPCを灯して即行でトランス曲を作りました!
やっぱ、創作は最高です!!

よろしければ、ドゾ!

Category: シンセサイザー・サウンド・デモ

Thread: DTM、宅録、ミックス、レコーディング、機材

Janre: 音楽

tb 0 : cm 0   

過去のデモ曲&制作過程の紹介記事のリニューアル! 

音声ブログのケロログにアップしていた数々のデモ曲&制作過程紹介の音源であるmp3をほぼサルベージし、そして各記事で再び再生できるよう、簡易プレーヤーとSoundCloudプレーヤーを新たに組み込みました!

救出したmp3の総数、自分でもびっくりで110個もありました・・
(一部、データが破損していているのもありましたが)

そのあと実に大変だったのが、それらは記事の解説文と連動して設置しなければなりませんので、想定以上に煩雑な作業でした。
解説用のトラックは、短めのデモにしていたとはいえ、Fc2ブログのアップロードのファイルサイズ制限(2MB以内)を超えているものがあったので、それらは波形編集ソフトで再度編集しなおして、ビットレートも調整して適切なサイズにして再アップしています。

そして完成した楽曲トラックは、SoundCloudに新たにアップをしました。
SoundCloudにアップするにあたり、全てにタイトル名、アップ用画像、英語による簡単なコメントを一通り入れるのがこれまた大変でした・・、

でも、これらの大変な作業を通じて、自分がどの様にオリジナル曲やシンセに接してきたかという経過を想起でき、そして自分の足跡ともいえるライブラリーとして掛け替えのない記録の再編を行う必要な過程となったことを実感しました。

以下、整理のため、このたびのデモ曲とサウンドが復活できた記事の一覧を備忘録として掲載といたします。

<デモ&制作ノート記事更新一覧>

(注:簡易プレーヤーはPC専用のプラグインのようで、スマートフォンやタブレットのブラウザーでは起動しません。またSoundCloudはブラウザーの広告ブロッカーの設定によってブロックされる場合もあります)

●HARU「Luka」バージョン製作中

●Trance系サウンド ビルドアップ中

●初期デジタルシンセ JD-800レビュー

●JD-800 Sound Review 2

●Vintage Synthesizer D-50 Sound Review

●ハヤブサ 曲想スケッチ

●「はやぶさ」応援曲 とある展開部のテスト

●オリジナル曲【はやぶさ】間奏部

●トランス系のトラックで定番のハンドクラップ加工

●「Nebula」リミックスのイントロ

●オリジナル曲「Hayabusa」のイントロ制作ノート

●【ミクトランス・オリジナル曲】HAYABUSA【イントロ・テスト】

●ヴァンゲリス風味なシンセサウンド

●歪みを使ったシンセエディット例

●シリアスな感じの劇伴音楽

●ミクトランス新曲「HAYABUSA」 最終ミックス中

●Jupiter-80のデモサウンド by 楽器が弾けないので打ち込みで

●z3ta+2のサウンド・デモを作ってみました!!

●シンセ職人が作り上げたソフトシンセサイザー[Omnisphere]

●有機的サウンドが秀逸な[Omnisphere]紹介デモ2

●本能が昂るビート!!【胎児とダンス】

●トランスエッセンス含まれるSONARプラスインシンセ!【テストデモ】

●KRONOS+Roland デモ演奏(アドリブ一発録音)

●オケ風の劇伴でミクさんを歌わせようかとw

●【KRONOS】をリアルタイムに弾いたあと、リズムとシーケンスサウンドを重ねてみました

●オリジナル・ミクトランス「Hayabusa~はやぶさよ~]のトラック解説

●【ミクトランス・オリジナル曲】-ソラノシロ- とあるトラック解説

●【KRONOS & z3ta+2】DEMO

●【ミクトランス】 シンセベース+リズム ワークスの例

●ミクトランス 楽曲+ミク歌入れワークス紹介 [風とともに]

●ミクトランス・オリジナル曲 トラックメイキング解説 第3弾 !

●ミクトランス・オリジナル曲 トラックメイキング解説 第3.9弾!!

●TRITON Rackのパッチで即興演奏

●access VIRUS TIでトランス楽曲の習作 制作過程-1

●access VIRUSでトランス楽曲の習作 制作過程 Part2

●オリジナルトランス曲「imagined scenery」のリズム+ベースワークス解説!

●オリジナルトランス曲のピアノワークスの解説!

●トランス楽曲でピアノを使い始めたのは誰?

●祭りのあとの寂しさをサウンドの調べに

●オリジナル曲 after the festivalのメロディパートのシンセサイズについて!

●初音ミク・オリジナル曲の解体・解説!

●初音ミク・オリジナル曲の解体&解説 第2弾!

●シンセの「音」って何でしょうか?

●ボカロ定番の声色の作り方(エレクトリック系ボイス)

●シンセを使ったサウンド・デザイン考(自分の遍歴から)

●ミクトランス・オリジナル曲(制作中2)

●ミクの調声例(ぼかんないんです><調声法に挑戦してみて)2

●音色による作曲へのインスピレーション

●音楽の起源とは?

なんだかんだで、飽きっぽく寡作な作者にしては、書き綴りながら記事に連動したデモ曲も作りながらサウンド紹介をし続けてきたんだなぁと(^^
感慨深いものがあります。

Category: シンセサイザー・サウンド・デモ

Thread: DTM、宅録、ミックス、レコーディング、機材

Janre: 音楽

tb 0 : cm 0   

最新のアナログ・モデリング・シンセのデモ! 

ローランドといえば、数々の伝説的名機を創りだした日本の楽器メーカーです。

その愛好家は世界中に広がり、プロからアマチュアまで絶大なる支持とともにこの会社の楽器無くしては今の音楽シーンは無かったかもという例えは言い過ぎではありません。

さて、そのローランドですが、色々と迷走しつつも、自ら創ってきた名器を最新のデジタル技術を使ってかなり忠実に再現しようとした楽器を生み出しております。

今回はその機種[SYSTEM-8]のデモを交えて解説といたします!

写真1:{SYSTEM-8}ローランドの公式サイトから拝借

SYSTEM-8 front

写真2:私のプライベートスタジオのスタジオ・アインシュタインにセット!
なんといっても、暗闇でピカピカ光る様が本当綺麗でクールです!!これこそ、ハード・シンセ所有の醍醐味~♪

SYSTEM-8 IN MY Studio


●Roland SYSTEM-8 「伝説」のサウンドへのこだわり

現在、多くのヴィンテージマシーンのサウンドは、様々なモデリング技術で再現できるようなりました。

多くは全く問題が無いレベルまでの完成度でしたが、いわゆる操作性を含めた完成度は、まだまだ課題もあるのが現実です。

そんななか、ハードで往年のローランドの名器のサウンド(まずはJUPITER-8,JUNO-106)を完全に再現し、そしてさらなる未来へとつながる技術革新的な試みとして、出てきたのがこのローランドのSYSTEM-8なのです。

世界で認められた名器JUPITER-8(当時で新品がなんと98万円!)

roland_jupiter8-1 edi

詳しくは後述するとして、まず凄いのは何よりもその出音の存在感です。

いわゆる画像で言うところの画素数に相当するのがサウンドの処理の分解能を表すサンプリングレート。

SYSTEM-8はこのサンプリングレートが内部処理96kHz(CDクオリティの約2倍強以上!)で動作しており、かなり細かな本物の名器のサウンドを再現するため妥協の無い土台が用意されています。

そして、この土台をベースに名器の回路やパーツの特性をことごとく演算で再現しようとした先進的技術であるadvanced Analog Circuit Behavior (ACB)の演算モデルが功を奏していると思います。

多くのマニアの方々の総評のとおり、本当の実機と比べると僅かながらですが、音の雰囲気の差分(この差分の正体は実機の経年変化による個体差という可能性もあります)を感じますが、あらゆるローランドの名器を再現しようとした他社のソフトを含めたなかで、最高の出来映えのサウンドであると感じました。

取りあえずではありますが、入手直後につき、まだ機能が分からないままの直観的(ここがソフトより優れたハードならではのところ)に物凄く簡単なデモを早速つくってみましたので、ご試聴いただければ幸いです!



※上記のSoundCloudのプレーヤーは、ブラウザーに組み込まれた広告ブロック機能が有効だと、表示されない場合がありますので、ご留意願います。

Category: シンセサイザー・サウンド・デモ

Thread: DTM、宅録、ミックス、レコーディング、機材

Janre: 音楽

tb 0 : cm 0