03 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 05

HaruP Works

シンセサイザーやボーカロイドで制作したオリジナル音楽をこっそり紹介

 

トランス風楽曲の制作再開! 

忙し過ぎて全く手つかずのままであったトランス風のトラックの制作を再開しました!

完成しましたらミクさんに歌ったもらえたらなぁと思っております(^^)

いつの日か、ミクのボーカル入りでこのトラックを完成できたらと思います!

よろしければ、お聴きいただければ幸いです~♪


Mi Cha Tra INTRO 20170410 powered by ピアプロ

一番手が慣れているSONARで打ち込み中♪

Mich tra H290410 sonar platinum
スポンサーサイト

Category: シンセサイザー

Thread: DTM、宅録、ミックス、レコーディング、機材

Janre: 音楽

tb 0 : cm 0   

レゾンデートル(存在の理由) 

忙しく過ごしていると、ああ忙しい自分は充実しているというふうに考えられる場合と、ああ自分は何のために生きてるんだ?という二つの思いの間を揺れ動くことがあります。

●使命:a mission
使命感にあふれる取り組みをしている人は、困難を前にしても生が充実していると感じるでしょう。

●使役:employment
ところが、やらされている思いを感じるのであれば、それは徒労を感じることが多く、虚無感に苛まされることが多いでしょう。


●ミクさんは、ミクさんとしての存在感がはんぱない!

Tda式 袖なしミク フフフ 

では、この二つの違いはどんな状況からくるのでしょうか?

それは、意思の問題でしょうか?

環境の問題でしょうか?

個人と社会との関わり方の問題なのでしょうか?

人は何によって生かされ、何をすべきなのでしょうか?

個人の充実と公との回路の理想的な平衡状態にこそ、問いに対する答えがあるのかもしれません。


現実存在
レゾンデートル
生きる意味
生み出す価値
真善美

儚い人生
泡沫の世
栄枯盛衰

何者であることより
何を為したか

風の吹くままに


<参考リンク>
●有限の時間と無限の時空
●限られた時間のなかで創作をいかに行うことができるか
●哲学フレーム問題 額縁の外をどう認識できるか?
●ボーカロイドとアンドロイド
●AIと愛?
●ボーカロイドとは何者なのか?
●冨田勲と初音ミク~時空を超えたアーティストの饗宴~
●シンセ界の巨匠「冨田勲」と「初音ミク」のコラボ実現の秘密とは!
●妖怪とシンセサイザー
●シンセの「音」って何でしょうか?

Category: ライフ

Thread: 心、意識、魂、生命、人間の可能性

Janre: 心と身体

tb 0 : cm 0   

完成したインスト・トラックの不具合から壮大に思うこと 

先日、インスト(トランス風楽曲)を公開しましたが、1日の公開で取り止めました。

理由は、あらためて聴くと意図したミックスバランスになっていないことと、特に音源の鳴りがおかしいところがあったためです。
ミックスダウンのあとの公開前チェックが足りていませんでした。

おかしなところとは、定位(ステレオでの音源の位置バランス)が、ある音で右に意図せずに寄ることを繰り返しており、DAWを起動して確認したところ、設定は問題ないのに特定の音で必ず右側に音が振れてしまうという症状が発生していたのです。


●ソフトウエアシンセサイザーが意図しない演奏を・・でも原因は?

外部からの録音では、ケーブルの不具合でこのような症状に至ることはありますが、大抵は録音時のモニタリングでおかしいと気づきます。
ところが今回の症状が発生した音源は、ソフトウェアシンセサイザーのOMNISPHERE2でしたので、打ち込んでいた時には正常に音が入っていたはずなのです。
ところが、なぜか特定のタイミングで音の定位が意図しないところに飛んでしまう。

パラメータに意図しない設定が入り込んでいないか、DAW、ソフトウェアシンセサイザーの設定をMIDIのコントロール情報を含めかなり細かくチェックしましたが、原因となるパラメータの状態は発見できませんでした。

一体なぜ??


●バーチャルになればなるほど原因特定が難しい

現在、様々なモノが仮想現実に置き換わり、楽器も例外ではなく制作現場の多くでソフトウエアシンセサイザーに置き換わってきました。
そのことで、部屋いっぱいあふれるような機材や楽器を小さなノートパソコンの中に仮想現実化し、いわば小さな音楽スタジオとして構築できる時代になりました。

ところが、その分なにか不具合が起きると、それがどこに起因するのか、特定がかなり難しくなってきています。

現物の機材であれば、不具合が起きていた箇所をリアルな実物の動作や配線を辿りながら特定できていましたが、仮想現実で構成された機材を前にすると今回のように見当が付かないことがあります。

ソフトウエアにおける不具合は、プログラムを検証するという専門性が高い領域となりますので、これが原因だともはやお手上げとなってしまうのです。


バーチャルとリアルの共存こそが世界の在り方

時代は仮想現実にどんどん置き換わり、その利便性からますます加速化していくと思われます。

しかし、何事も何かが進みすぎるとその反動は必ず別の形で起きていくものです。
特に人間は、思考という仮想現実を持ちながらも、やはり生活領域というリアルな現実世界でのみしか人生を築けないのです。

そうなれば、仮想現実で置き換わっても、やはりリアルを求める心性は人の欲求として必ず時代を超えて生じるもの。

例としては、mp3の普及でCDすら無くなると思われた時代に、敢えてカセットテープやレコードを求める人が少しずつですが現れてきて、アーティストもネット配信とは別に、特別にレコード盤で新曲を出すということも増えつつあります。

またシンセの世界では、ステージやライブ以外のシンセサイザーは全てソフトウエアに置き換わると思われていましたが、ユーロラックという、シンセサイザーの初期の頃の姿であるアナログシンセ・モジュールで多数のメーカーが参入し、往年のシンセサイザーファンにとどまらず若い世代にも新しいファンが増えてきているという現象が起きております。

ユーロラックについて詳しくは→ 偏ったDTM用語辞典 > EuroRack ユーロラック (※偏ったタイトルの割にはかなり的確まとめられています)

ユーロラックで構築した例(楽器フェア2016より)

まさに配線が蜘蛛の巣状にw
ユーロラック 楽器フェア2016

ユーロラックによる演奏は別の記事でも書いたように、和音で音を出せず、作った音色もメモリーが出来ないうえに、ケーブルを蜘蛛の巣のように配線して音色を合成するという手間のかかるシンセにも関わらず、その音作りのスタイル、そして出音から人気を博しているのです。

便利となることは良いことでしょうが、実は不便のなかにこそ面白さが内在されているのでしょうね。

現実と仮想の間にいる人間界の妙といえるのではないでしょうか?

(参考リンク)
●シンセサイザーとはそもそも何ものか?
●哲学フレーム問題 額縁の外をどう認識できるか?
●ボーカロイドとアンドロイド
●AIと愛?
●ボーカロイドとは何者なのか?
●シンセサイザーの大家「冨田勲」御大への追悼文
●世界的シンセサイザー奏者の冨田勲氏が死去
●シンセサイザー界の巨匠「冨田勲」師考
●シンセ界の巨匠「冨田勲」と初音ミクとの世界初演!!!
●冨田勲と初音ミク~時空を超えたアーティストの饗宴~
●シンセ界の巨匠「冨田勲」と「初音ミク」のコラボ実現の秘密とは!
●初音ミクがアーティストとして登場!?YahooのPR広告企画が面白そう
●ハードシンセが熱い!!!
●ハードシンセが熱い!第2弾!
●妖怪とシンセサイザー
●シンセの「音」って何でしょうか?
●ソフトウェア・シンセサイザーとは

Category: シンセサイザー

Thread: DTM、宅録、ミックス、レコーディング、機材

Janre: 音楽

tb 0 : cm 0   

これぞ、シンセライブ!!Kebu - Perplexagon 

シンセサイザーだけのライブ映像をご紹介!

めっちゃかっこええです!!

kebu.jpg


バンドも良いですが、こういうクールなシンセサイザーライブに憧れますね~♪

Kebu - Perplexagon Part 3 (Live @ Assembly 2016)

Category: シンセサイザー

Thread: DTM、宅録、ミックス、レコーディング、機材

Janre: 音楽

tb 0 : cm 0   

哲学フレーム問題 額縁の外をどう認識できるか? 

人間にとっては当たり前のことでも、それを今流行りのAI(人工知能)にやらせるとすると、とてつもない問題が横たわっているものです。

●森羅万象は無限であるのに対して有限の人工知能がどう対処できるのか?

世界は永遠性とあらゆる可能性に溢れています。

そのなかにあって、人工物である人間が作った手続き的知性であるAI(人工知能)は有限的な存在です。

その有限的存在が、どうやって世界のあらゆる起こりうることに対処できるのでしょうか?

どんなに優れたAIでも、プログラムされた範囲でしか、世界を認識し処理することしかできません。

ところが世界は、あらゆる無限の可能性であらゆることが起きてしまい、その世界に人間と同等の処理を期待された人工知能が放り込まれた場合、その有限の情報処理の限界に常に達してしまい機能を停止してしまうことでしょう。

人工物でもある、ミクさんは結局のところ何者ぞ?

Tda MIKU私どこから来た


●人間は未知のことでも、なぜかあらゆることを想定して対処してしまう存在

それに対して、我々人間は限界ある有限的存在にも関わらず、なぜか停止しませんし、あらゆる出来事の前に何とかするという特異能力を発揮してしまいます。

同じ有限的存在なのに、この違いはいったいぜんたいどこから生じているのか??

人工知能がどんなに進化しても、絶対に追いつけない存在が「人間」そのものかもしれません。

(参考リンク)
●ボーカロイドとアンドロイド
●AIと愛?
●ボーカロイドとは何者なのか?

Category: 科学

Thread: 心、意識、魂、生命、人間の可能性

Janre: 心と身体

tb 0 : cm 0