08 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

HaruP WorkS

シンセサイザーやボーカロイドで制作したオリジナル音楽をこっそり紹介

 

創作の困難さをどう超克するか 

公私ともに忙しい日々を過ごしていると、創作する気力すら無くなってしまうことが多くなってきました。

体力と気力が加齢とともに落ちてきたことも大きいかもしれません。

特に私の場合、音楽制作はもともと寡作であり、その背景にはオリジナル曲を仕上るのにある程度まとまった時間が必要なことにもよります。
少しづつ作りだめをすることが私の場合はダメで、作り始めたら、その勢いでとにかく寝食を忘れるくらいトコトン没頭しないと曲を作り上げることが出来ないのです。

ということは、曲作りするための空き時間が多忙になればなるほど当然ながら確保することが出来なくなり、そうなると作曲する動機をも喪失し、結果、数多のシンセサイザーや機材の火を灯すことも無くなってしまうことになってしまうのです。

日々のなかで、音楽制作の困難さに直面し、ふと数多の機材を前に溜息をついてしまっています。

30年前の名器が最新のテクノロジーで現在に復刻されてきている話題に触れたいのですがねぇ・・

名器D-50の復刻モデルD-05
D-05.jpg

いかにシンセの名器だったのかを紹介したローランドの特設ページExperience the Roland D-50

Experience the Roland D-50


私が所有している現物のD-50の以前作ってアップしたサウンドデモです。
このシンセでないと出ないサウンドです。



<参考リンク>
●忙しすぎて花見することもかなわず、過ぎ去りし日々
●限られた時間のなかで創作をいかに行うことができるか
●[創作物]と[農作物]

スポンサーサイト

Category: 悩める諸々

Thread: DTM、宅録、ミックス、レコーディング、機材

Janre: 音楽

tb 0 : cm 0   

永遠に苦しむ世界 

以前、地獄少女というアニメをネタに、少しだけ地獄の概念に触れました。
【[死]を恐れる人間が「死」を自ら選んでしまうこととは 】

今回は、少しばかり地獄とはどういう世界として描かれてきたのか触れたいと思います。

地獄少女として、恨みをもった多くの人間達と地獄流しの契約を結ぶ前説時の「閻魔あい」の台詞は次のとおりです。

「私と契約した人間は、極楽浄土には行けず、死後、その魂は痛みと苦しみを味わいながら、永遠に彷徨うことになる・・」

死ねば、現世の肉体的・精神的苦痛からは解放されると考えられます。
ところが地獄に行く魂は、あいの言葉どおりだと、永遠に苦痛を味わうことになるのです。

考えただけでも恐ろしいことですが、地獄とは原始仏教の経典によると、まさに凄まじいばかりの絶望的な世界のようです。

閻魔あいの憂いのワンシーン。自らの罪とはいえ、数百年にわたり多くの恨みと共に地獄流しをし続けることもまさに生き地獄といえるでしょう・・

閻魔あい

●地獄の世界とは

地獄の描写の内容は、げに恐ろしきやという凄まじい世界です・・・
なのでこれから先は、覚悟をもってお読みください。


転載元:仏教の教えと瞑想~原始仏教の世界
地獄の世界



今日は原始仏教が説く「地獄」についてお話したいと思います。。。
正直なところ地獄についてお話するのはかなり抵抗感があります。なぜなら大変恐ろしいからです。原始仏教で説かれる地獄はリアルです。空想や妄想の産物ではなく、実際に存在する世界になります。
地獄については、パーリ中部経典「癡慧地経」「天使経」、増支部経典・三集「天使品」、また「スッタニパータ」、あるいはアビダンマッタサンガッハなどに詳しく書いてあります。

●八大地獄

地獄は八つの世界に分かれていて、これを「八大地獄(はちだいじごく)」といいます。アビダンマッタサンガッハは八大地獄のポイントを示してを簡潔にまとめています。
地獄に墜ちると、何十億年という間、ひたすら「苦痛」だけを感じるといいます。快楽はなく、ただ苦しい・苦しいという想像を絶する苦痛が、何億年、何十億年と続くといいます。地獄には獄卒(ごくそつ)がいて、地獄の亡者達に苦しみの限りを与え続けるといいます。迷信や空想の産物に思われがちなのですが、リアルな世界の話しになります。

八大地獄そのそれぞれは巨大な空間で四隅に門があるといいます。獄卒がいて地獄の亡者を追い回します。亡者は逃げようとしますが、門の壁には巨大な炎が立ち上がり逃げることはできず、しかも上空からも炎が降ってきて焼かれるといいます。しかしそれでも死ぬことはできず、またよみがえり、寿命(業)が尽きるまで地獄の苦しみがずっと続くといいます。

経典には「悪い行い(業)が尽きるまでは死ぬことができません」と繰り返し書いてあります。何億、数十億年これが続くようです・・・。
そしてこの八大地獄とは、

1,蘇生地獄(等活地獄)
獄卒に無理やり、灼熱の鉄板の上に寝かされて、しかも体をミンチのように切断され激痛に襲われて意識を失い死んだと思っても、間もなくよみがえり、これが延々と続く地獄です。

2.黒縄地獄
鉄の縄、固いワイヤーで、獄卒に切り刻まれる地獄です。

3.圧縮地獄
獄卒に追われて逃げるも、紅蓮の炎の山に行き当たり、しかもその山々が迫ってきて潰されてしまう地獄。

4.叫喚地獄
苦痛で泣き叫びが絶え間なく響く地獄

5.大叫喚地獄
より苦痛で激しく泣き叫びが絶え間なく響く地獄

6.焦熱地獄
灼熱に焦がされて苦しみ続ける地獄

7.大焦熱地獄
より強い灼熱に焦がされて苦しみ続ける地獄

8.無間地獄(阿鼻地獄)
苦しみが止むことがなく延々と激痛や苦しみに襲われ続ける地獄で最も苦しい地獄。

以上が八大地獄の概要です。


●5つの小地獄(八大地獄のそれぞれに隣接する地獄)

ところが、八大地獄のそれぞれにの世界には、さらに5つの小世界があるといいます。
それは

1.大糞地獄
体中を食らい尽くすウジが生息する世界。ここに墜ちると体が食い尽くされる。

2.熱灰地獄
灼熱の灰の地獄

3.有刺樹林地獄
炎で燃えさかるシンバラという刺のある森林地帯。串刺しになる。

4.剣葉地獄
刀剣の森で、木の葉が全て剣であり、体に当たって微塵切りになってしまう地獄。

5.灰汁地獄
腐敗液に満ちた世界で、ここに墜ちて苦しむ世界。

大地獄である八大地獄での寿命が尽きた後に、これら5つの小地獄に転生するといいます。いわば地獄巡りを続けるようです。
※参考文献:パーリ中部経典「天使経」、増支部経典・三集「天使品」


●その他の地獄

八大地獄と小地獄は代表的な地獄のようでもあり、これら以外にも地獄があります。たとえば「歌舞伎聚楽主」で説かれた芸人が行く「喜笑地獄」というのもあります。

また最も古い経典の「スッタ・ニパータ」では、コーカーリヤという出家修行者がサーリプッタやモッガラーナを根拠も無くやたらと批難していた罪で地獄に墜ちたことが書いてあります。

出家修行者でも地獄に墜ちる訓戒となる話しなのですが、ここには、

アッブダ地獄
ニラッブダ地獄
アババ地獄
アハハ地獄
アタタ地獄
クムダ(黄蓮)地獄
ソーガンディカ(白色の睡蓮)地獄
ウッパラカ(青蓮)地獄
プンダリーカ(白蓮)地獄
パドゥマ(紅蓮)地獄

があることが書いてあります。


気が滅入りそうな地獄の世界ですが、お釈迦さまは「地獄だけには墜ちてはならない」と説かれます。

地獄に行く行為とは、これも経典で散々と言われています。

「悪しき考えを抱き、悪しき言葉をしゃべり、悪しき行いをした後、死んで肉体が滅んだ後、落ち行く先である」

つまり、身口意の三業(しんくい-の-さんごう)が汚れた行為を続けていると地獄へ行くようです。
五戒や十善戒と正反対の行いをするとよろしくないようです。

決して恐怖心を煽るわけではありませんが、善き生命であり続けるために、五戒や十善戒は守って、世間や他人に施しの実践はされるほうがよろしいかと思います。



まさに悍ましくも禍々しくも恐ろしい世界ですね・・
死後において凄まじい苦痛が永遠に続くという、まさに想像を絶する恐ろしい世界です。

この世に様々な奇跡を通じて生まれてきた魂である私たち人間。
永遠に比べれば一瞬の時間ですが生きている間には善なる行いと真善美を追求し、救済が無い地獄界には堕ちないようにしたいものです。

Category: ライフ

Thread: 心、意識、魂、生命、人間の可能性

Janre: 心と身体

tb 0 : cm 0   

投稿!【MMD艦これ】極楽浄土を踊ってみた【大和 Ver.アニメさん】 

ミクさんの誕生日に、ミクさんがいたおかげで開発され様々なジャンルにまで広がり普及してきたMMDで動画を投稿しました!

以前制作予定で触れましたアニメ風の艦これ大和さんです。

画面キャプチャー

極楽浄土 大和さん アニメ キャプチャー画面2

よろしければご視聴いただけると幸いです^^

Category: MikuMikuDance

Thread: MikuMikuDance(MMD)

Janre: サブカル

tb 0 : cm 0   

初音ミクが発売されてから早くも10年 

今日は初音ミクが発売されてからちょうど10年が経ったようです。

ピアプロ公式サイトから転載

P1708281-6.jpg

プロデューサー遊びでP名を名乗ってはいますが、ドマイナーで末席のボーカロイド投稿者に過ぎないボクの曲を聴いてもらえる機会を与えてくれた初音ミクのムーブメントに感謝です。

ネットを取り巻く環境が激変した10年なのに、よくぞ続いているものですねぇ

このあたりの考察は、気が向いたらまた

Category: ボーカロイド

Thread: ボーカロイド

Janre: 音楽

tb 0 : cm 0   

ボカロトランスのクラブイベント!!行きたかった・・ 

去る8月13日に、東京(渋谷)で、ボーカロイド+トランス=「ボカロトランス」のクラブイベントが開催されていたそうです。

VOCAtraVERS 
VOCAtraVERS.jpg


しかも、ゲストDJがミクを使ったリミックスからオリジナル曲まで、黎明期から活躍しておられた「粒子P」が登場!!

粒子Pさんといえば、ミクの名曲「えれくとりっく・えんじぇぅ」の名リミックスでも知られた、レジェンドのPなんです。



このリミックス、大好きで、もう何回も聴いたことか!

小生は、今や東京からは遠い空の下に住まう故に、事前に知っていたとしても駆けつけることが出来なかったのですが、あああ行きたかったなぁ・・・

なんといっても、ダンスミュージックでもとりわけトランスが大好きで、しかもボーカロイドでというのが、もう最高なもんで。
自分の作る曲も、トランス風ばっかなんです(^^


で、なんと!当日のDJプレイでは、私のリミックス作品「Nebula - HaruP ft.Miku Hatsune」を光栄にも1曲目にプレイしていただいたことが分かりました!!

●イベント当日のミックス(2017/8/13 Vocatraverss wahiko mix)


ニコニコ動画にアップした「Nebula - HaruP ft.Miku Hatsune」ヴァージョン



小生のボカロPとして初投稿した想い出の作品の粒子Pリミックス!めっちゃクール!!!




行けなかったですが、アップいただいたミックスを聴けて追体験できて、とっても有難いです~♪

粒子Pさん、これからもご活躍を期待しております!!


<参考リンク>
●粒子Pさん新曲(リミックス)アップきたああ!!
●粒子Pさんの紹介記事(ニコニコ大百科より)
●粒子Pさんマイリス(ニコニコ動画)
●ミクトランス(ニコニコ大百科より)
●伝説のミクトランスマスター粒子Pの新作きたああ!!

Category: イベント

Thread: ボーカロイド

Janre: 音楽

tb 0 : cm 0