02 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 03

HaruP Works

シンセサイザーやボーカロイドで制作したオリジナル音楽をこっそり紹介

 

完成したインストトラックの不具合から壮大に思うこと 

先日、インスト(トランス風楽曲)を公開しましたが、1日の公開で取り止めました。

理由は、あらためて聴くと意図したミックスバランスになっていないことと、特に音源の鳴りがおかしいところがあったためです。
ミックスダウンのあとの公開前チェックが足りていませんでした。

おかしなところとは、定位(ステレオでの音源の位置バランス)が、ある音で右に意図せずに寄ることを繰り返しており、DAWを起動して確認したところ、設定は問題ないのに特定の音で必ず右側に音が振れてしまうという症状が発生していたのです。


●ソフトウエアシンセサイザーが意図しない演奏を・・でも原因は?

外部からの録音では、ケーブルの不具合でこのような症状に至ることはありますが、大抵は録音時のモニタリングでおかしいと気づきます。
ところが今回の症状が発生した音源は、ソフトウェアシンセサイザーのOMNISPHERE2でしたので、打ち込んでいた時には正常に音が入っていたはずなのです。
ところが、なぜか特定のタイミングで音の定位が意図しないところに飛んでしまう。

パラメータに意図しない設定が入り込んでいないか、DAW、ソフトウェアシンセサイザーの設定をMIDIのコントロール情報を含めかなり細かくチェックしましたが、原因となるパラメータの状態は発見できませんでした。

一体なぜ??


●バーチャルになればなるほど原因特定が難しい

現在、様々なモノが仮想現実に置き換わり、楽器も例外ではなく制作現場の多くでソフトウエアシンセサイザーに置き換わってきました。
そのことで、部屋いっぱいあふれるような機材や楽器を小さなノートパソコンの中に仮想現実化し、いわば小さな音楽スタジオとして構築できる時代になりました。

ところが、その分なにか不具合が起きると、それがどこに起因するのか、特定がかなり難しくなってきています。

現物の機材であれば、不具合が起きていた箇所をリアルな実物の動作や配線を辿りながら特定できていましたが、仮想現実で構成された機材を前にすると今回のように見当が付かないことがあります。

ソフトウエアにおける不具合は、プログラムを検証するという専門性が高い領域となりますので、これが原因だともはやお手上げとなってしまうのです。


バーチャルとリアルの共存こそが世界の在り方

時代は仮想現実にどんどん置き換わり、その利便性からますます加速化していくと思われます。

しかし、何事も何かが進みすぎるとその反動は必ず別の形で起きていくものです。
特に人間は、思考という仮想現実を持ちながらも、やはり生活領域というリアルな現実世界でのみしか人生を築けないのです。

そうなれば、仮想現実で置き換わっても、やはりリアルを求める心性は人の欲求として必ず時代を超えて生じるもの。

例としては、mp3の普及でCDすら無くなると思われた時代に、敢えてカセットテープやレコードを求める人が少しずつですが現れてきて、アーティストもネット配信とは別に、特別にレコード盤で新曲を出すということも増えつつあります。

またシンセの世界では、ステージやライブ以外のシンセサイザーは全てソフトウエアに置き換わると思われていましたが、ユーロラックという、シンセサイザーの初期の頃の姿であるアナログシンセ・モジュールで多数のメーカーが参入し、往年のシンセサイザーファンにとどまらず若い世代にも新しいファンが増えてきているという現象が起きております。

ユーロラックについて詳しくは→ 偏ったDTM用語辞典 > EuroRack ユーロラック (※偏ったタイトルの割にはかなり的確まとめられています)

ユーロラックで構築した例(楽器フェア2016より)

まさに配線が蜘蛛の巣状にw
ユーロラック 楽器フェア2016

ユーロラックによる演奏は別の記事でも書いたように、和音で音を出せず、作った音色もメモリーが出来ないうえに、ケーブルを蜘蛛の巣のように配線して音色を合成するという手間のかかるシンセにも関わらず、その音作りのスタイル、そして出音から人気を博しているのです。

便利となることは良いことでしょうが、実は不便のなかにこそ面白さが内在されているのでしょうね。

現実と仮想の間にいる人間界の妙といえるのではないでしょうか?

(参考リンク)
●シンセサイザーとはそもそも何ものか?
●哲学フレーム問題 額縁の外をどう認識できるか?
●ボーカロイドとアンドロイド
●AIと愛?
●ボーカロイドとは何者なのか?
●シンセサイザーの大家「冨田勲」御大への追悼文
●世界的シンセサイザー奏者の冨田勲氏が死去
●シンセサイザー界の巨匠「冨田勲」師考
●シンセ界の巨匠「冨田勲」と初音ミクとの世界初演!!!
●冨田勲と初音ミク~時空を超えたアーティストの饗宴~
●シンセ界の巨匠「冨田勲」と「初音ミク」のコラボ実現の秘密とは!
●初音ミクがアーティストとして登場!?YahooのPR広告企画が面白そう
●ハードシンセが熱い!!!
●ハードシンセが熱い!第2弾!
●妖怪とシンセサイザー
●シンセの「音」って何でしょうか?
●ソフトウェア・シンセサイザーとは
スポンサーサイト

Category: 科学

Thread: DTM、宅録、ミックス、レコーディング、機材

Janre: 音楽

tb 0 : cm 0   

これぞ、シンセライブ!!Kebu - Perplexagon 

シンセサイザーだけのライブ映像をご紹介!

めっちゃかっこええです!!

kebu.jpg


バンドも良いですが、こういうクールなシンセサイザーライブに憧れますね~♪

Kebu - Perplexagon Part 3 (Live @ Assembly 2016)

Category: シンセサイザー

Thread: DTM、宅録、ミックス、レコーディング、機材

Janre: 音楽

tb 0 : cm 0   

哲学フレーム問題 額縁の外をどう認識できるか? 

人間にとっては当たり前のことでも、それを今流行りのAI(人工知能)にやらせるとすると、とてつもない問題が横たわっているものです。

●森羅万象は無限であるのに対して有限の人工知能がどう対処できるのか?

世界は永遠性とあらゆる可能性に溢れています。

そのなかにあって、人工物である人間が作った手続き的知性であるAI(人工知能)は有限的な存在です。

その有限的存在が、どうやって世界のあらゆる起こりうることに対処できるのでしょうか?

どんなに優れたAIでも、プログラムされた範囲でしか、世界を認識し処理することしかできません。

ところが世界は、あらゆる無限の可能性であらゆることが起きてしまい、その世界に人間と同等の処理を期待された人工知能が放り込まれた場合、その有限の情報処理の限界に常に達してしまい機能を停止してしまうことでしょう。

人工物でもある、ミクさんは結局のところ何者ぞ?

Tda MIKU私どこから来た


●人間は未知のことでも、なぜかあらゆることを想定して対処してしまう存在

それに対して、我々人間は限界ある有限的存在にも関わらず、なぜか停止しませんし、あらゆる出来事の前に何とかするという特異能力を発揮してしまいます。

同じ有限的存在なのに、この違いはいったいぜんたいどこから生じているのか??

人工知能がどんなに進化しても、絶対に追いつけない存在が「人間」そのものかもしれません。

(参考リンク)
●ボーカロイドとアンドロイド
●AIと愛?
●ボーカロイドとは何者なのか?

Category: 科学

Thread: 心、意識、魂、生命、人間の可能性

Janre: 心と身体

tb 0 : cm 0   

死の起源(その2) 

いくつか、その1のまま停止しているトピックスがありますが、順次続きを書きたいと思っています。

さて、今回は「死の起源」についての考察その2です。

●生物は死を自らにプログラムした

生物は進化の過程で「死」を自らにプログラムした存在であることが、最近の分子生物学の研究成果で次第に明らかになってきました。

死は生きるものにとって消滅であるのに、生を自ら否定する仕組みを、何故生物は取り入れてしまったのでしょうか?

その矛盾たる存在感に不可思議さを感じます。


●樹木の生は死が支えている

さて、分子生物学については、かなり複雑な領域に入ってしまうので後述に譲るとして、まずは身近なものから生と死についてトピックスをあげたいと思います。

樹木、特に青々と茂った巨木を見上げると、なんて生命力に満ち溢れていると感じられることでしょう。

当然、その樹木は生きてるからこそ、大地に根をはって立ち、そして葉を茂らせているのです。

ところが、その樹木は実は生と死が合体した状態であるということをご存知でしょうか?

木は年輪を重ねるほど大きくなっていきます。
年を経て年輪を重ねるほど、幹は太くなり長い年月をかけて巨木となります。
対して年を経て、幹の中心部は細胞が生命活動を停止、つまり死んだ状態となっていたのです。

理由としては、高く大きくなるほど水や栄養を全体に行き渡らせることが出来なくなるため、幹の中心部が生命活動を停止することで、全体への生命維持と成長への効率化が図れることが理由のようです。

そして、良くできているなぁという仕組みが、細胞が死ぬことで害虫等に喰われてしまう危険度が高まることに対抗するため、生命活動を停止する前に、細胞内の栄養分を防腐の働きのある化学物質に合成してから生命活動を終えているのです。

ちなみに、この樹木の幹の中心部のことが「心材」と呼ばれる赤い部分で、腐りにくくシロアリにも強い部分と知られています。

1本の樹木は、生命活動の停止=死が生を支えていた。
まさに生と死が不可分の状態であったのです。

自らに死を巧妙にプログラムした生物の戦略の巧みさに驚くばかりです。

続きは、分子生物学の世界から見た生物の戦略について書き綴ってみたいと思います。

夜桜とミク:夜桜には生と死が混在一体となった妖しさを感じます<MMDで制作>

YoZakura Miku Up edi


(参考リンク)
●死の起源(その1)
●前世は有るのか無いのか(その1)
●有限の時間と無限の時空

Category: 科学

Thread: 心、意識、魂、生命、人間の可能性

Janre: 心と身体

tb 0 : cm 0   

死の起源(その1) 

忙しく過ごしていても、私の妄想癖だけは止まらないようで、どうしても書き留めておきたいと思い短編にて。

●人の一生は長いようで短い

仕事でよく使うエクセルの表の番号を編集するためドラッグしていた時、セルの84番目でふと思いだした数字が、私を大変可愛がってくれた曾祖母の享年である84でした。

その曾祖母の想い出は、自分が年を経るにつれて懐かしさと後悔の念が入り混じって想起され、いつかまた触れたい話題ですが、ここではその年齢で連想されたことを書きます。

エクセルをよく使う方なら分かると思いますが、扱うセル数は数百~数千はすぐにいきますので、84のセル数は縦列であれば、PCの表示画面の解像度にもよりますが、1画面から2画面目くらいで収まってしまう程度の数です。

人間の寿命で84歳というのは長いようですが、エクセルで一つのセルを1年と見なせば、1画面をちょっと過ぎたあたりで終わってしまう程度なんだなぁと、ふと儚い気持ちになってしまいました。


●死はなぜ存在するのか?

寿命には生物の種類によって長短はありますが、命の終わりを告げる死は必ず訪れるこの世の理のように感じます。

ところが生物の詳しい方なら知っているかもしれませんが、生物にとって死は進化の過程で獲得した性質でもあるのです。

単細胞生物である大腸菌は分裂することで固体が増えますが、固体そのものの寿命は実は無く、周りの栄養状態が良くて物理的化学的に細胞が破壊されない限り、いつまでも生き続けてしまうのです。

では、なぜ生物は進化の過程で、死を自らの機能として敢えてセットしてしまったのか?

諸説と私の妄想で、その2と続けたいと思います。


(参考リンク)
●死の起源(その2)
●前世は有るのか無いのか(その1)
●有限の時間と無限の時空

Category: 科学

Thread: 心、意識、魂、生命、人間の可能性

Janre: 心と身体

tb 0 : cm 0